個人的な好みでも、同じ人でも、高校・大学時代と社会人になってからは変化があるはずだし、一人ひとりによってもまったく好みは異なる。ある者が「あんなおカメ顔のどこがいいのか」と尋ねても、「だから、いいのだ。あのよきがお前にはわからないのか」となる。大きな流れから一一-一の美の基準は、時代によっても左右されてくる。平安時代にはお多福顔がもてはやされていたものが、いまでは浅野温子きんのような顔が好かれている。一方、女性のほうも美しくなろうとしない女性などいないのであって、それぞれに努力している。ただ、魅力的な部分が、みな違うだけなのである。それを、自分は「こんな容姿の女性がいい」と決めつけるのは、愚かなことだ。出会い アプリ で知り合った女性関係に未熟であり、不安な男性ほど、一人ひとりの容姿の魅力的な部分が見抜けないのである。男性がかりに未熟だとしても、よく見れば、女性一人ひとりの美しい部分に気づくはずだ。ある男性などは、毎年ひとつずつは、恋人の美しいところが発見できるとのろけていた。人によっては目尻の小じわも美しく感じられるだろう。女性の美醜など、。審美眼変わっていくものだ。の鍛え方しだいでどうにでも*女性の容姿にニだわりすぎると、彼女のほんとうの美しさが見抜けない刊なぜ、相手が美人だと、最初から恋の相手としてあきらめやすいのか男性は、バランス感覚に敏感なので、自分より上の相手は、とかく避けようとするクラス一の美人、職場一の美人というと、みんなからチヤホヤきれるし、ボーイフレンドの一人や二人はいて当たり前のように思われがちだが、現実はそうではないようだ。意外なくらい、美人には恋人ができにくい。ようやくできた恋人を見れば、ハンサムでも秀才でもエリートでもないことが少なくない。「なんだ、オレでも言い寄れば、もしかしたらうまくいったかもしれない」と地団駄を踏んだことのある男性は少なくないのではないだろうか。では、こうして地団駄踏んだ男性が、新しい美人が現われたとき果敢に近づくかといえば、そうはできないだろう。またしても、。とてもオレには無理だとあきらめが先に立ってしまいがちだ。チャンスはみんなに均等なのに尻ごみしてしまい、べつの男性に奪われてしまう。美人が8高嶺の花8に見えるのは、つねにバランス、つりあいを考える男性特有の心理である。男性は、美人にはハンサムや秀才のカップルが似合うと思い込んでしまっているのである。

片思いのままで終わるかもしれないが、それでもいいのだ。まず愛してみるということがとくに男性の場合はだいじで、愛するという行為そのものが好きにならなければ、たとえ理想と思える女性があらわれたとしても、素直に愛を表現できなくなってしまう。片思いも、恋愛と割り切って積極的に動くことだ。ギリシャのある哲学者は、パンとワインと魚が好きだったが、彼は「パンもワインも魚も私を愛きないだろうが、私はすべてを愛している。それでいいではないか。」と言った。片思いもそれと同じことだ。ちょっとモテる男がうぬぼれている場合も問題で「あんな程度の女ならいつでも」などと高みに立っていると、遊ぴはできても恋愛はできない男性になってしまう。あんな程度、などという条件などつけずに、いろいろな女性にチャレンジしてみることが、自分のハパを広げていくのだ。野球ではないが、恋愛は「筋書きのないドラマ」である。そのドラマの主人公を自分が積極的につとめるつもりがなければ、舞台の幕は永遠に聞かない。*愛されることを待つより自分から行動してみる*片思いだとわかっていても、相手に接近していかないとチャンスも生まれないgなぜ、女性の性絡・人格より容姿にこだわってしまうのか男性が女性の容姿だけを求めるのは、自分の女性関係の未熟さ・不安の表われである男性が何人か集まれば、かならずはじまるのが8雨夜の品定め。ならぬ女性の品評会である。その中でもっとも話題になるのは、いうまでもなく女性の容姿についてだろう。「子のスタイルのほうがセクシー」だとか「子の顔のほうがチャーミングだ」とか、話し出せばキリがない。しかし、私の見るところ、容姿のことであれこれとやかくうるさい男性ほど、女性にはあまりモテないようだ女性の容姿を批評するというと、どこかからか女性差別だとか,性の蔑視。だとかいわれそうだが、男性が女性の容姿を気にするのには生物学的な理由がある。どんなに受け身な男性でも、いざセックスの場面だけは、積極的にならないと、機能しない。女性に対し積極的となり性機能を働かせるには、視覚的な刺激を男性は必要とするのだ。そのために、女性の容姿に男性は女性よりもこだわろうとするのである。だからといって、セックスが恋愛のすべてではない。セックスは恋愛の途中には必要なものだが、恋愛を長つづきさせるには、男女ともにべつの魅力が必要になってくる。どうしたら、笹女に近づけるかまた、容貌のよし悪しは、個人的な主観であって、これほどあやふやなものはないだろう。

本人も知らず知らずのうちに、さぴしさを埋めてくれる男性を求めるようになる。実際の数字はわからないが、親元から大学に通う女子大生よりも一人暮らしの女子大生のほうが、入学してから恋人を見つけるまでの期間が短く、恋人がいる確率というのも高いはずである。このように、自分はほれっぽくないと思っていても、だれにでもほれっぽくなってしまう可能性といったものは、十分にある。感情が豊かで、異性に対してオープンに見える人には、案外気軽に近づけても、冷静で淡々とした女性に対しては、男性は近よりがたく感じてしまうことが多い。そんな彼女でも、男性がはいりこめる余地は十分にあるといっていいだろう。また、夕暮れどきの外人墓地や秋の海など、ロマンチックではあっても、どこかさびしさを感じる舞台を選ぶと、愛の告白も受け入れられやすくなるということになる。*彼女をつくりたいなら、女性が一人暮らしをはじめたばかりのときがねらい目*愛を告白するなら、女性がものさびしさを感じる夕暮れどきや海を選ぶといい8なぜ、いつも片想いで終わってしまうのか自分のほうから愛するという行動を起こさない人は、だれからも愛きれないままで終わりゃすい最近は、女性にモテる男性とモテない男性の二極分化が激しいそうだ。モテる男性はますますモテて、モテない男性はますますモテない。モテない男性は、女性嫌いかといえばそうではなく、ひそかに8いいなあ。と思う女性はいるという。それなら、彼女にアプローチしていけばいいのだが、彼らの多くはじつは何もしないままなのだ。なぜ、アプローチしないのかと私が聞けば、「とてもボクには無理だ。やがて彼女にふさわしい男性になったら:::」とか「仕事が忙しすぎて、どうしょうもない」と言う。私に言わせれば、それはアプローチしない8逃げの口実。である。モテない男性の多くは、女性にふられるのが怖いのであり、危険を冒したくないから、女性からのアプローチを待っているだけなのだ。たしかに、現代では、勉強のノルマや仕事のノルマで、男性は始終受け身にまわされている。いつも。される。側だ。しかし、恋愛までかされる受け身にまわっては、実る恋愛も実らなくなってしまう。こと恋愛に関しては、。ーする。が必要だ。まず自分から行動してみなくては絶対にダメなのだ。どうしたら、彼女に近づけるかモテるかモテないかも、まず行動してみなければわからないだろう。女性は愛されるからこそ、相手を愛しもする。

潜在意識の中にインプットされた、自分が一目ぽれしやすいタイプの人というのは、時間がたつうちにどんどん美化されていく。だから、現実とのギャップに悩むことになる。逆に最初は、恋愛の対象としてなど見なかった人が、つきあっていくうちによさがわかり、しだいにひかれて恋愛感情に変わるということもある。だから、。食わず嫌い。は恋愛でも損することが多い。チャンスは意外に身近にころがっていることが多いのだ。*恋愛のきっかけは一目ぽれだけでなく、つき合っていくうちに恋愛に発展するケスが多い*一目ぽれの申神秘的な出会いにニだわっていると、身近な恋愛のチャンスをへらす匡霊童霊草,仕事とはやや離れ定二人きりの場所で、偶然を装って跨う彼女は、OKしやすいうえに、男とのu特別怠関係sまでも意鶴する?なぜ、あとから考えればつまらないと思う相手に、夢中になってしまうのか人は、幸福なときよりも、きぴしいときのほうが恋に陥りやすいまわりを見わたせば、「あいつはほんとうにほれっぽい奴だな」と思う人が何人か浮かんでくるだろう。あるいは、自分自身がほれっぽいと思っている人もいるかもしれない。ほれっぽい人というのは、8ギリシャの医学の父。といわれる、ヒポクラテスの性格分析でいえば、か多血質。に分類される。つまりは、読んで字のごとく血の気の多い人だ。怒りっぽかったり、興奮しやすいなど、感情の起伏の激しい人は、性的にも興奮しやすく、言葉をかえれば、ほれっぽいということになるのだ。また、ほれっぽい反面、すぐに冷めやすいともいえる。だから、感情の起伏の少ない、いつも冷静な人ほどほれっぽくないということになるのだが、いちがいにそうとはいえない。孤独が続いたり、急にきびしい環境に放り込まれたりすると、だれでも人を慕う気持ちがひじように強くなる。ふとした人のやさしさに敏感になり、急速にひかれてしまうようになることがあるのだ。いい例が、単身赴任である。家族と離れてはじめて暮らしてみると、不便も多いし、人恋しくもなる。子どもがいるとはいえ、妻のほうも同じである。そこで、夫の浮気、妻の浮気という恋愛問どうしたら、彼女に近づけるか題がつぎつぎと起こってくる。これはやはり、一人暮らしからのさぴしさや孤独という環境にも原因があるだろ、フ。もっと身近な例でいえば、地方出身の女子大生やである。生まれてはじめて親元を離れてひとりで暮らすのだから、きびしくないわけがない。

たとえば、同好会やサークル、英会話教室など、女性が参加している集まりに、積極的に参加してみる。そこで恋人ができなくとも、いろいろの女性と接することで、意中の女性が現われたときに役立つか実力。がつく。*女性に近づくには、いきなり声をかけるより、ひんぱんに顔をあわせる機会をつくる*サークルや英会話教室など、女性が参加している集まりに加わってみる8なぜ、相手のことを何も知らないのに一目ぽれしてしまうのか人は、過去に好感を持った相手と似たタイプの人には無意識のうちに好意を抱いてしまう「彼女を一目見た瞬間、体に電流が流れたように立ちすくんでしまった」などというシンは、小説や映画などでよく見かける。いわゆる一目ぽれというやつだ。この感情は虚構の世界だけではなく、程度の差こそあれ、とくに感受性の強い若い時期なら、たびたび経験することである。かくいう私にも経験がある。そもそも一目ぽれという感情は、その人の過去の経験に引きずられて起こるものだ。たとえば子どものころ、憧れていた上級生、親切だった赴任したての先生などの印象がここちょい記憶となって潜在意識の中にインプッ卜されている。このここちょい記憶が、好感をもった人と似た人に会うことでよみがえり、「私が探していたのはこの人だ」と、神秘的、運命的出会いだという一種のか錯覚。をおこすのである。これは8パプロフの犬と同じで、その人特有の一定条件が満たされると反射的に起きる。一目ぽれ自体はけっして悪いことではないのだが、8ピピッ。ときた人にしか恋愛感情を持てないというのでは、一人前の男性の恋愛としてはかたよりすぎている。恋愛のきっかけには、むろん一1どうしたら、彼女に近づけるか目ぽれもあるが、その運命的な出会いだけを求めていては、見落としていくものが多いこともたしかなのである。。あの子はタイプじゃない。と外からながめただけで判断をして、8食わず嫌い。をくり返していると、恋愛に発展するかもしれないたいせつなチャンスをムダにしていることにもなる。恋愛には、一目ぽれ以外のいろいろなパターンがあるのだ。また、一目ぽれは、相手を外見だけで見ているわけだから、彼女が、ほんとうに自分の求めていた女性であるかどうかは、疑問だ。実際に、ある女性に一目ぽれして積極的に押しまくってなんとかデトにこぎつけたが、何度か会、?フちに、だんだん目の前にいる彼女が、自分の頭で思い描いていた女性とはまったく違うのだと気づいたというのは、よくある話である。